核兵器の暴力や、HIV・エイズに対する偏見と闘ったキース・ヘリングの展覧会が開催中!
あなたは何を感じますか?

東京・六本木森アーツセンターギャラリーで、「キース・ヘリング展 アートをストリートへ」展が2023年12月9日(土)から2024年2月25日(日)まで開催されています。6メートルの大型作品など約150点が展示されており、彼のアートの魅力を存分に味わうことができます。


キース・ヘリングは、1958年にアメリカのペンシルベニア州で生まれた画家です。彼は1980年代初頭に、ニューヨークの地下鉄の広告版に絵を描くサブウェイ・ドローイングで注目を集めました。彼はアートを美術館から街中に解放したのです。


キース・ヘリングは自分の作品を商品化することにも積極的で、Tシャツやポスターなどを販売する「ポップショップ」を開設しました。彼はアートをエリート的なものではなく、誰でも所有して楽しめるものにしようとしたのです。


キース・ヘリングは1988年にHIVに感染し、1990年に31歳でエイズで亡くなりました。しかし、彼のアートは今もなお世界中で愛されています。


この展覧会は東京のあとに、2024年4月27日(土)〜6月23日(日)の期間で、兵庫県立美術館ギャラリー棟3Fギャラリーに巡回予定です。


キース・へリング買取のご相談はこちら>>
キース・へリングの販売ページはこちら>>

森アーツセンターギャラリー
兵庫県立美術館ギャラリー棟3Fギャラリー

アートニュース一覧