東京の松岡美術館で「レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ」展が開催

2024年6月18日から10月13日まで開催されている松岡美術館「レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ」展は、20世紀初頭のパリを彩った芸術運動と、日本からパリに渡った作家たちの作品を紹介するものです。


多様な表現が集まるエコール・ド・パリ、ヴラマンクやマルケなどのフォーヴィスム、ピカソなどのキュビスム、デ・キリコなどのシュルレアリスムといった当時の前衛芸術が展示されています。


エコール・ド・パリとは、モディリアーニ、シャガール、キスリング、藤田嗣治(レオナール・フジタ)など、パリに集まった異邦人アーティストたちの一派です。


フォーヴィスムとキュビスムは、色彩豊かな絵を描いたフォーヴィスムと、幾何学的な絵を描いたキュビスムを対比しています。


シュルレアリスムのコーナーでは、約10年ぶりに展示されるジョルジュ・デ・キリコとポール・デルヴォーの作品が見どころです。


そのほか、パリに渡った日本人作家たちや、ブールデルやヘンリー・ムアの彫刻作品も特別な視点で展示しています。


この展覧会は、異文化が交差し、新たな芸術の形が生まれた20世紀初頭のパリの息吹を感じさせてくれるものです。


白金台の松岡美術館も、閑静な住宅街にひっそりとたたずむ、優雅で気持ちのよい空間になっているので、ぜひ訪れてみてください。

展覧会のレポートはこちら>>

アートニュース一覧