渋谷に新しい美術館!
その名はUESHIMA MUSEUM、現代アートの新たな殿堂

UESHIMA MUSEUM 画像提供=UESHIMA MUSEUM


2024年6月1日、東京・渋谷区渋谷1-21-18に新たな文化のランドマークとしてUESHIMA MUSEUM(植島美術館)が開館しました。


この美術館には、現代アートコレクターとして有名な実業家の植島幹九郎氏のUESHIMA COLLECTION(植島コレクション)から選りすぐられた650点以上の現代アート作品が展示されます。


UESHIMA MUSEUMは、「同時代性」をテーマに、ゲルハルト・リヒター、アンディ・ウォーホル、オラファー・エリアソン、塩田千春、名和晃平、奈良美智、村上隆など、国内外の著名な現代アーティストの作品を公開します。


美術館は、植島幹九郎氏の母校である渋谷教育学園の敷地内に位置しています。ブリティッシュ・スクール・イン・東京が使っていた旧校舎をリノベーションして「渋谷教育学園 植島タワー」と改名して美術館にしたものです。


この新しい美術館は、アートと教育が交差する場として、新たな文化的価値を創造し、多くの人々に現代アートの魅力を伝えることでしょう。

アートニュース一覧