100%モネの連作展が、見逃せない!
モネ作品だけを60点以上集めた展覧会が開催中


印象派の代表的画家であるクロード・モネは、自然の光と色を捉えることに情熱を注いだ画家でした。


モネは同じ場所やテーマを、異なる時間帯や季節によって何度も描き、その変化を「連作」として発表しました。


モネの作品からは、一瞬の表情や風景の移ろいを見事に表現した、光と時とのたゆまぬ対話が感じられます。


今回、2023年10月20日から 2024年1月28日まで、東京上野の森美術館にて「モネ 連作の情景」展が開催され、その後、2024年2月10日から2024年5月6日まで大阪中之島美術館への巡回が予定されています。東京展と大阪展では出品内容に違いがあるので、両方行ってしまう人もいるかもしれませんね。


本展では、モネが生んだ革新的手法である「連作」に焦点を当て、彼の芸術的精神を探ります。


世界の30館を超えるコレクションから集められた60点以上の作品は、モネがどのようにして革新的な表現手法を磨いていったかを示しています。


1874年の第1回印象派展から150年を迎える記念すべき年に、モネの壮大な芸術の世界に触れてみませんか?


モネ買取のご相談はこちら>>
モネの販売ページはこちら>>

アートニュース一覧