村上隆のトレーディングカードが、ふるさと納税で手に入る!
猪野直也のアート作品も!

日本を代表する現代美術家、村上隆。彼の作品は世界中で高い評価を受けており、近年ではNFT(非代替性トークン)という新しい形式で作品を発表するなど、常に先端的な活動を展開しています。


そんな彼の国内8年ぶりの大規模個展「村上隆 もののけ 京都」が、2024年2月3日から9月1日まで京都市京セラ美術館で開催されます。この開催を記念して、京都市ふるさと納税限定の「COLLECTIBLE TRADING CARD」が作られました。


このトレーディングカードは全12種類で、種類によって印刷や出現率が変わるなど、コレクター心をくすぐる仕様になっています。このカードは、2024年に全108種+のトレーディングカードとして販売される商品の特別版で、このふるさと納税の返礼品でしか手に入りません。すでにネットでは高額での転売が見られるほどです。


このふるさと納税には、1万円から10億円まで11の金額のプランが設定されています。1万円の場合の返礼品は展覧会の入場券1枚とトレーディングカード3枚のセットですが、最高額の10億円プランでは、京都市内の高校生と大学生全員の展覧会観覧料が無償になるうえ、一般入場券100枚にトレーディングカード36枚セットと村上隆のブロンズ彫刻作品《お花の親子の彫刻 Bronze Paintina》がつきます。


このふるさと納税で個人から合計3億円、企業からはそれ以上の寄付が集まったので、それを元手に、今回の「村上隆 もののけ 京都」展は、京都市内に在住もしくは通学している大学・専門学校生・高校生の入場料が無料になると発表されました(中学生以下は当初から無料)。


また、同展覧会の入場者先着5万名にはトレーディングカードが無料配布されるとあって、2月3日の初日から行列ができて、朝8時から整理券が配布されるほどの混雑ぶりを見せています。展覧会についてはこちらのページでも紹介しています>>


また、2023年からご紹介を開始している翠波画廊取扱作家、猪野直也の作品も、茨城県牛久市のふるさと納税の返礼品に選ばれています。


茨城県牛久市を拠点に活動している猪野直也は、動物の「革」に日本古来のモチーフを描く若手作家です。革という素材の独自性と、妖怪や龍など日本の伝統的なモチーフで唯一無二の世界観をつくり上げています。ぜひ御覧ください。


猪野直也の販売ページはこちら>>
村上隆の販売ページはこちら>>
村上隆買取のご相談はこちら>>

村上隆
猪野直也
アートニュース一覧