3都市の美術館のコレクションが集結する「TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション」展の魅力

2024年5月21日から8月25日まで東京国立近代美術館で開催される「TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション」展は、ピカソや草間彌生など110作家の約150作品が集結する国際的な展覧会です。


トリオとは、東京国立近代美術館、パリ市立近代美術館、大阪中之島美術館の3つの都市の美術館を指します。これらが持つ豊かなモダンアートのコレクションから、34のテーマに沿ってトリオを組み、7つの章に分けて紹介しています。


ピカソ、マティス、モディリアーニ、ダリ、バスキア、草間彌生、奈良美智、藤田嗣治、ユトリロ、ローランサン、マルケ、シャガール、岡本太郎、東郷青児、小倉遊亀、有元利夫、岸田劉生、佐伯祐三、キリコ、デュフィなど110人の作家から、初来日となる32点を含む約150点の作品が展示されます。これは、モダンアートの新たな見方を提案し、その魅力を浮かび上がらせる機会となるでしょう。


この展覧会は、東京に続き、大阪中之島美術館でも9月14日から12月8日まで開催されます。20世紀初頭から現代に至るまでのモダンアートを、新たな視点で楽しむことができます。

アートニュース一覧