創業34年の実績と信頼の翠波画廊
バスキア 買取り

あなたの大切にされてきた作品
次のお客様へと橋渡しさせていただきます

バスキア 高価買い取りができる理由

バスキアの話題のシルクスクリーン作品を多数多取り扱い販売してきました。
今の時点でも翠波画廊のお客様の中にはバスキアの作品をお探しの方が多くいらっしゃいます。
お客様から買取させていただいたバスキアの作品は翠波画廊にとって重要な仕入れです。

只今バスキアの買取りを強化しております。査定は無料、メール、LINEでも承っておりますので、ぜひご相談ください。

買取の仕組み

買取の仕組みのイメージ

セカンドマーケット(二次市場)で売り買いのできる美術品にはおおよその相場があります。
作品相場は専門業者だけが参加できる交換会(オークション)で需要と供給の関係によって決まります。
私たち美術商が売り買いする時の値段、業者が仕入れをする時の判断基準は交換会で取引された価格が基準となります。

創業34年の実績

創業以来、自社店舗にいらっしゃるお客様、取引のある全国の百貨店を通して数多くのアート作品を販売してまいりました。

翠波画廊 東京店

翠波画廊 東京店

信用をなによりも大切に

海外の画家や鑑定家と直接連絡を取り、作品の真贋には細心の注意を払い、本物だけをお届けしてまいりました。

翠波画廊 大阪店

翠波画廊 大阪店

ご相談・査定無料

フリーダイヤル

0120-805-105

平日・土 10:00〜18:00(日祝休)

3つの約束

約束

1

小売りで培った、
まごころの接客

絵をお買い求めいただくお客様、絵をお売りになりたいお客様共にご満足いただけるよう、お客様第一で活動しております。

約束

2

長年の実績から
相場に基づいた適正な査定

年間1500点ほどの作品を販売していく中で同数の作品の仕入れを行っております。仕入れで養った相場観をいかして適正な査定価格を出させていただきます。

約束

3

大切にされてきた
作品を
次のお客様へと橋渡し

家で大切にされてこられた美術品を大切にしてくれる次のお客様へと橋渡しさせていただきます。

バスキア作品の査定ポイント

シルクスクリーン作品

バスキアに限らず、買取価格は図柄によって大きく変わります。バスキアの代表的なモチーフや人気図柄の場合は、特に高価買取させていただいております。また、作品の状態によっても査定額は大きく変わりますので、シミや退色がなく、きれいな状態で保存されていればそれだけ高額査定となります。状態が悪いと、修復費用が必要となるために査定額が下がってしまいます。
近年注目度が高いバスキアは、作品をお探しのお客様も増えているため、翠波画廊でも買取を強化しております。

 

 

<保存状態>
油彩、アクリルなどの場合、画面上にヒビや割れなどがないかを拝見します。 状態が悪い場合は修復が必要となる場合もあるため、査定額が下がります。折れや汚れ、経年による退色や、湿気からくるカビでシミが出てしまった場合などは価格が下がります。

翠波画廊では、バスキア作品の販売も行っております。
バスキアの絵画・版画作品のご購入をお考えの方は、お気軽にご相談ください。販売作品一覧はこちら

3つの安心

安心

1

ご相談、
お見積もりなど、
査定は無料

今の相場を知りたい、買取価格を知ってから売却を検討したい等、お気軽にご相談ください。ご相談は無料です。

安心

2

8日以内なら
キャンセル可能
(出張買取時)

8日以内でしたら、買取キャンセル、返品の対応をさせていただきます。(店頭買取の場合は対象となりません)

安心

3

個人情報保護
セキュリティ管理

翠波画廊では、しっかりとしたセキュリティ管理のもと、お客様の大切な個人情報の徹底管理を義務付けております。ご安心ください。

バスキア 絵画買取の流れ

STEP1

無料査定お申込み

査定フォーム、お電話、メールで作品の情報をお寄せください。

STEP2

査定結果のご連絡

お送り頂いた作品情報から、査定額をお出しして、ご連絡いたします。

STEP3

買取方法の選択

作品の配送、持ち込み、出張買取にて作品をお預かり。最終的な作品の確認をいたします。

STEP4

お支払い

買取成立、現金またはお振込にてお支払い。
買取の流れ 詳細

ご相談・査定無料

フリーダイヤル

0120-805-105

平日・土 10:00〜18:00(日祝休)

夭折の天才画家

若くしてスターダムへと駆け上がり、わずか10年の活動期間で数多くの作品を残すも、27歳で短い生涯を閉じた天才画家。昨今再評価が進むなかで、人気の高まりとともに、作品価格が上昇しています。

ZOZOの創業者の前澤友作氏の落札でも話題に

2017年5月には、ZOZOの創業者である前澤友作氏がバスキアの《Untitled》を、1億1050万ドル(約120億円)で落札。バスキアのオークション史上最高額での落札となり、大きな話題を呼びました。
2021年5月にも、バスキアの絵画≪イン・ディス・ケース(In this Case)≫が、当時のバスキアのオークションレコードの史上2位の9310万ドル(約100億円)で高額落札され、ニュースに。
さらに、2022年5月には、前澤友作氏のコレクションであった「Untitled」(1982年)が約112億円で落札され、バスキアのオークションレコードでもTOP3に入る高額を記録しました。また2019年秋に六本木・森アーツギャラリーにて開催された、日本初の大展覧会「バスキア MADE IN JAPAN展」には多くの人が訪れ、日本国内での人気もますます高まる一方です。

なぜバスキアの絵は評価されているのか

300
黒人アーティストとして初めて世界的に高い評価を得たバスキアですが、その魅力は、ダイナミックでエネルギー溢れる色彩や筆致の中に、メランコリックで繊細な人間誰もが持つ孤独感が観るものの心を打つからでしょう。バスキアは20世紀のモダニズムの流れを汲み、抽象的でありながら具象的な「新表現主義」を確立しました。
バスキアの作品は、王冠や恐竜、頭蓋骨のモチーフが描かれ、一見子供の落書きのようにみえますが、実はかなり強い政治的なメッセージが隠れています。自身の作品のなかに、貧富の差やなくならない黒人差別への怒りや悲しみを表現し、その独自の主題や、黒人を連想させるモチーフや文字を並べた表現方法は、当時のアートシーンにおいても大きな話題となりました。
27年という短い一生のなかで築き上げた、そのアイデンティティやバスキアの哲学は、今もなお、世界に問題提起し続け、高く評価されています。バスキアの作品は、魂の叫びともいえる生命力に満ちあふれ、多くのコレクターを魅了しています。

その他にも、バスキアのお勧めコラムをご紹介いたします。
コラム:ZOZOTOWNの前澤友作社長が62億円で落札したジャン=ミシェル・バスキアって? >>

バスキアの作品のご売却を検討なら翠波画廊へ

世界中のアートコレクターたちが熱視線を送っているバスキア作品。
そんなバスキアの作品をお持ちで、絵画売却をご検討されているようでしたら翠波画廊にご相談ください。
査定は無料、お客様のご意向に沿って高価買取できるよう頑張らせていただきます。

バスキア 略歴

BASQUIAT

1960年 ニューヨーク、ブルックリンに生まれる。母の影響で幼い頃より絵を描くことに興味を抱く。
1977年 17歳の頃より地下鉄、スラム街の壁にスプレーペインティングを始める。高校を中退。
1978年 キース・へリングや、バーバラ・クルーガーの助力で、ニューヨークで個展を開くようになる。
1983年 アンディ・ウォーホルと出会う。互いの作品に刺激を受け、共同制作をするように。
1987年 この年ウォーホルが死去したことにより、バスキアの孤独が深まったと言われている。
1988年 ドラッグのオーバードースにより死去。享年27歳。
2019年 森アーツセンターギャラリーにて、日本初となる本格的な回顧展が開催され、話題を集めた。

買取ジャンル

20世紀巨匠
現代アート(コンテンポラリーアート)
ストリートアート(グラフィティ)
海外人気作家
日本画
油絵
版画
ガラス
買取ジャンル一覧

出張買取地域

出張買取地域

作品の点数によっては、
出張買取も致しております。

北海道
青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県
新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県
三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県
徳島県、香川県、愛媛県、高知県
福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県
沖縄県

出張買取について