岡本太郎 買取り
創業34年の実績と信頼の翠波画廊

あなたの大切にされてきた作品
次のお客様へと橋渡しさせていただきます

岡本太郎 高価買い取りができる理由

岡本太郎の多くの作品を取り扱い販売してきました。
今の時点でも翠波画廊のお客様の中には岡本太郎の作品をお探しの方が多くいらっしゃいます。
お客様から買取させていただいた岡本太郎の作品は翠波画廊にとって重要な仕入れです。

岡本太郎の作品を高額買い取りできる理由には、以下のようなものがあります。

岡本太郎は、日本を代表するアーティストであり、その作品は国内外で高い評価と人気を得ています。特に油絵や立体作品は、希少性が高く、オークションや美術館で高額で取引されています。

岡本太郎の作品は、その強烈な個性とエネルギーに満ちており、見る者の想像力や感情を刺激します。その作品には、彼の芸術観や時代背景が反映されており、芸術的な価値だけでなく、歴史的な価値もあります。

岡本太郎は、絵画だけでなく日用品や記念硬貨なども手がけており、その幅広い分野での活動は、多くの人に親しみや興味を持たせます。その作品は、生活の中に芸術があるという彼の考えを表現しており、その普遍性や魅力は今も色あせません。

以上のように、岡本太郎の作品は、作家の評価、作品の希少性、作品の表現力、作品の多様性のすべてが高く、その買取価格も高額になりやすいのです。もし、岡本太郎の作品をお持ちであれば、ぜひ買取査定を受けてみてください。

買取の仕組み

買取の仕組みのイメージ

セカンドマーケット(二次市場)で売り買いのできる美術品にはおおよその相場があります。
作品相場は専門業者だけが参加できる交換会(オークション)で需要と供給の関係によって決まります。
私たち美術商が売り買いする時の値段、業者が仕入れをする時の判断基準は交換会で取引された価格が基準となります。

岡本太郎 高価買い取りができる理由

買取実績 (お問い合わせ下さい)円

ポジション

シルクスクリーン

買取実績 (お問い合わせ下さい)円

クリマ

リトグラフ

買取実績 (お問い合わせ下さい)円

赤のイコン

シルクスクリーン

買取実績 (お問い合わせ下さい)円

海辺

リトグラフ

買取実績 (お問い合わせ下さい)円

天空に我あり

シルクスクリーン

創業34年の実績

創業以来、自社店舗にいらっしゃるお客様、取引のある全国の百貨店を通して数多くのアート作品を販売してまいりました。

翠波画廊 東京店

翠波画廊 東京店

信用をなによりも大切に

海外の画家や鑑定家と直接連絡を取り、作品の真贋には細心の注意を払い、本物だけをお届けしてまいりました。

翠波画廊 大阪店

翠波画廊 大阪店

ご相談・査定無料

フリーダイヤル

0120-805-105

平日・土 10:00〜18:00(日祝休)

3つの約束

約束

1

小売りで培った、
まごころの接客

絵をお買い求めいただくお客様、絵をお売りになりたいお客様共にご満足いただけるよう、お客様第一で活動しております。

約束

2

長年の実績から
相場に基づいた適正な査定

年間1500点ほどの作品を販売していく中で同数の作品の仕入れを行っております。仕入れで養った相場観をいかして適正な査定価格を出させていただきます。

約束

3

大切にされてきた
作品を
次のお客様へと橋渡し

家で大切にされてこられた美術品を大切にしてくれる次のお客様へと橋渡しさせていただきます。

洋画作品の査定ポイント

肉筆作品

近年、世界的な人気が非常に高い状態は続いておりますが、価格は市場相場に応じて変動しております。少し時間が経っただけで変化してしまう可能性もございますので、お売りになる場合は、お早めにご相談ください。
油彩の場合、画面上にヒビや割れなどがないか、状態が悪い場合は修復が必要となる場合もあり、そうなると査定額は下がってしまいます。版画も高価買取させていただいておりますが、版画作品の場合、経年による色の退色、湿気からくるカビでシミが出てしまった場合などマイナスの査定になってしまいます。画像をお送りいただいた段階で、退色はおおよそみることができるのですが、薄いシミなどは画像だけでは分からないことがあります。画像をお送りいただいた段階では、相場をお知らせし、問題が無ければそのお値段で買取させていただいておりますが、現品を拝見し、シミなどが見つかった時には価格が下がってしまうこともございます。

翠波画廊では、岡本太郎作品の販売も行っております。
岡本太郎の絵画・版画作品のご購入をお考えの方は、お気軽にご相談ください。販売作品一覧はこちら

3つの安心

安心

1

ご相談、
お見積もりなど、
査定は無料

今の相場を知りたい、買取価格を知ってから売却を検討したい等、お気軽にご相談ください。ご相談は無料です。

安心

2

8日以内なら
キャンセル可能
(出張買取時)

8日以内でしたら、買取キャンセル、返品の対応をさせていただきます。(店頭買取の場合は対象となりません)

安心

3

個人情報保護
セキュリティ管理

翠波画廊では、しっかりとしたセキュリティ管理のもと、お客様の大切な個人情報の徹底管理を義務付けております。ご安心ください。

岡本太郎 絵画買取の流れ

STEP1

無料査定お申込み

査定フォーム、お電話、メールで作品の情報をお寄せください。

STEP2

査定結果のご連絡

お送り頂いた作品情報から、査定額をお出しして、ご連絡いたします。

STEP3

買取方法の選択

作品の配送、持ち込み、出張買取にて作品をお預かり。最終的な作品の確認をいたします。

STEP4

お支払い

買取成立、現金またはお振込にてお支払い。
買取の流れ 詳細

ご相談・査定無料

フリーダイヤル

0120-805-105

平日・土 10:00〜18:00(日祝休)

岡本太郎 略歴

TARO OKAMOTO

1911年 母の実家である神奈川県橘樹郡高津村二子/現在の川崎市高津区に生まれる
1917年 東京・青山の青南小学校に入学するが、1学期で退学。翌年、慶応幼児舎に入学する
1929年 東京美術学校(現・東京芸術大学)に入学する。半年で退学する
1930年 渡仏する
1931年 パリ大学で人類学や哲学、美術を学ぶ
1932年 ピカソの作品に感動し、カディンスキーらと交流する
1933年 岡本太郎、22歳の時、最年少で参加した非具象芸術グループ「アプストラクション・クレアシオン」が開いた展覧会に出品する
1940年 ドイツ軍によるフランス侵攻により、パリより帰国
1941年 第28回二科展に滞欧作品、岡本太郎「傷ましき腕」「リボンを結んだ女」「コントルポアン」の4点を特別出品し、二科賞を受賞。銀座三越で「岡本太郎展」を開催
1942年 兵役につく
1946年 中国の収容所生活を経て復員する
1947年 二科会会員に推挙される。東京上野毛にアトリエを構える
1954年 ヴェネチア・ビェンナーレに、日本代表として坂本繁二郎と岡本太郎が選出される
1968年 仏雑誌「今日の建築」の国際建築絵画大賞が授与される
1970年 大阪万博のシンボル、岡本太郎「太陽の塔」を制作する
1984年 フランス政府より芸術文化勲章を受賞するく。
1985年 青山・こどもの城にシンボルモニュメント、岡本太郎「こどもの樹」を制作する
1995年 川崎とどろきアリーナに6面のレリーフ壁画を制作する
1996年 急性呼吸不全のため慶応義塾大学病院にて歿。享年84歳

買取ジャンル

20世紀巨匠
現代アート(コンテンポラリーアート)
ストリートアート(グラフィティ)
海外人気作家
日本画
油絵
版画
ガラス
買取ジャンル一覧

出張買取地域

出張買取地域

作品の点数によっては、
出張買取も致しております。

北海道
青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県
新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県
三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県
徳島県、香川県、愛媛県、高知県
福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県
沖縄県

出張買取について